18番発電所

ボードゲームのことを書くよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ここ5年のスカウトアクションを纏めてみる

 HJがスカウトアクション上位の商品をさっそく手配するとか言っててぼくの心がざわめきっぱなしなんですが。上位オルレアン以外独占ってなんだよ…… ゲムマ来ちゃうの……?
 オルレアンのdlpの去年の商品であるところのシトラスはバネストが扱ってたっけ? テンデイズ?

 そんなワケでここ5年のスカウトアクションを纏めてみます。と言ってもその年の水準や層の厚さで上下する数字ではあるし、人気どころの評点が甘く出ることも結構ある(トロワで人気を博したパールゲームズの第2弾トゥルネーとか)。ので、あくまで参考値でしかないんだけど、まあ、数字がいい方が打率が高いのも確かなので、そういう尺度で参考にすればいいんじゃないですかね。「このゲームよくわからんけど、オレの好きなあのゲームより評価高いじゃん! これはワンチャン!」くらいの前向きな捉え方をするのがよいかとw
 ちなみに今年のスカウトアクションの結果だけ見るとぼく的には5位くらいまでは名作の可能性あるんじゃないのくらいで全然狙い絞れないですw わっかんねーw
 アクアスフィアはなんかカード引く要素あるけど、フェルトゲーでカードが副次要素のゲームってトラヤヌスとかボラボラの印象あってあまりよくない(トラヤヌス自体は好きだけどカード戦略は……)。カードメインのゲームならいいんだけどね。リアルトとか。
 実は確度高いのはどっちかと言えばBGGランキングだったりします。レーティング8付近でずっと推移するゲームとかぼく的には相当打率高い。けど、今年のはまだ日が浅すぎてデータとしては使えないすね。
 なので今年の新作に迷うようならとりあえずカヴェルナ日本語版とかグラスロード日本語版とか買うといいんじゃないですかねえ。ゲムマに出るんですかねえ?w

1.54 キーフラワー(2012/1位)
1.64 テラミスティカ(2012/2位)
1.71 トゥルネー(2011/1位)
1.73 ロシア鉄道(2013/1位)
1.84 コンコルディア(2013/2位)
1.87 世界の七不思議(2010/1位)
1.87 アクアスフィア(2014/1位)
1.89 トラヤヌス(2011/2位)
1.91 グラスロード(2013/3位)
1.93 オルレアン(2014/2位)
1.94 ギンコポリス(2012/3位)
1.96 イル・ヴェッキオ(2012/4位)
1.96 戦国(2014/3位)
1.98 トロワ(2010/2位)
1.98 アルケミスト(2014/4位)
2.02 デウス(2014/5位)
2.04 ナビゲーター(2010/3位)
2.05 エイジオブインダストリー(2010/4位)
2.07 ホームステッダーズ(2012/5位)
2.11 オリンパス(2010/5位)
2.12 ニュルンベルクへの始発列車(2010/6位)
2.12 ブリュッセル1893(2013/4位)
2.13 キーウェスト(2010/7位)
2.13 花火(2012/6位)
2.13 ツォルキン(2012/7位)
2.13 カシュガル(2013/5位)
2.15 ロココの仕立屋(2013/6位)
2.16 ムラーノ(2014/6位)
2.17 シュタウフェン朝の人々(2014/7位)
2.18 ヴィニョス(2010/8位)
2.20 ローマに栄光あれ(2011/3位)
2.21 スパイリウム(2013/7位)
2.22 電力会社:原始の火花(2011/4位)
2.22 マデイラ(2013/8位)
2.23 フロレンザ(2010/9位)
2.24 ラブレター(2013/9位)
2.24 パッチワーク(2014/8位)
2.26 1655年:教皇がおられます(2010/10位)
2.26 アンドールの伝説(2012/8位)
2.28 ハワイ(2011/5位)
2.30 ウゴ(2013/10位)
2.31 ヘルベチア(2011/6位)
2.32 カッラーラ(2012/9位)
2.33 ゆらゆら海賊船(2012/10位)
2.36 祈り、働け(2011/7位)
2.39 ビースティバー(2014/9位)
2.42 ラパ・ヌイ(2011/8位)
2.44 アビス(2014/10位)
2.49 サンチアゴ・デ・キューバ(2011/9位)
2.51 コニーアイランド(2011/10位)

 ビースティバーがSdJ絡んでくるのかなと思ったんだけど数字で見ると受賞までは若干怪しいなこれw まあ、この中でSdJ取ったのって花火しかないんでSdJ占いには使いづらいデータではあるんですが。そもそも花火は色々と異例のゲームだし。
 あと、やっぱ2011年は変だわw トゥルネーに託された思いの切実さが伝わるw
 一番層が厚い感じがするのが2010年、突き抜けた2012年、粒揃い2013年という感じ。
 2014年はそういう風に見ると若干層薄め。数字的にぼくが期待できるのはデウスまでだねえ、やっぱり。しかしパールゲームズは毎回人気だなあってのもわかるのでやや差っ引いて見たほうがいいのかなあ。チェコはゲームの面白さほど人気ないので上方修正掛けてもいいかも知れぬw
 そんな感じで、この中からどれが来年のドイツゲーム大賞に絡んでくるのか楽しみですね。楽しみですねと言いつつ、ニュルンベルクに期待した方がいいかもしれんなあという予感も若干あるんですがw どうなりますかね。

 ちなみにBGGだとアクアスフィア7.79、オルレアン7.68、戦国7.70、アルケミスト7.84、デウス7.69。微妙w
 この時期もう少しご祝儀つくような気がするんだけどなあ…… まあもうちょっと様子見ましょう……
[ 2014年10月22日 20:21 ] ゲーム賞 | TB(0) | CM(0)

ゆっくりテラミスティカ盤上解説



 こんな動画を作ったので宣伝を兼ねて。とは言ってもこの動画、「みんな見てね!」とは言いづらく。今回はテラミスティカが分かる人だけ見て貰えればいいやというスタンスです。それもセットアップ終わった時点で、どの種族が行けそうかな、ってのを考える人向けです。なのでセットアップ終わったところで勝者予想すると面白いんじゃないかなと。
 この試合、ぼくは途中経過を1回チラッと見たことあったんですけど、その時もすげー接戦で。というか、この試合、最後まで接戦が続くんですけど。ちょっとテラミスティカ知ってる人なら分かる通り、最後まで誰が勝つかわからないなんて展開は、まずないんですよ。1vs1が最後までもつれることはあっても、1vs1vs1vs1が最後まで続く試合はまずない。この試合は、ホント稀有です。
 それはこのゲームが拡大再生産だからってこともありますし、経験値が反映されやすいゲームでもあるからです。でも、十分な経験を積んだ者同士が鎬を削るとこうなるんだよ、という一つの例を見ることができて、いやー、素晴らしいなー、これはいいなー、と思って動画にした次第です。
 別に動画じゃなくて、テキストで解説するのでもよかったんですけど、やっぱり解説には1場面1場面の絵面が必要で、そうなると動画のほうがフォーマットとしては適切かなと思ってこういう形にしたわけです。基本的にはログと突き合わせてどうなってるかを確認して欲しいという考えなんですね。
 なので、この動画単体では必要な情報が少なくて、わからん部分はあるんです。現時点のリソースや勝利点がわからないと追いづらいでしょうし。まあ、そこまで気になる人はログ見てね、という話です。
 言うても局面局面でもうちょい具体的な話や駆け引きの解説ができてたらよかったなーとは思うので、もし次やるとしたら自分のログを元にした方がいいかもですねー。人の思考はよくわからんw

 プレイングの部分に関して言えば、現時点でほぼ最高のメンツではありますけど、見ててまだ粗はあるよね、って話でもあって、まだまだ逆転の余地はあったよね十分に、と個人的には思っています。
 特にダークリングはね。色々思うところがあって。エンジニアも1番手で取るのはリスキー過ぎるだろとかありますし。あと、この盤面で3番手エンジニアだったらどうなってたんだろ、みたいな妄想するじゃないですか。夢膨らみますよ。

 あのー、テラミスティカって割と誤解されやすいゲームでして、これが常識だって思い込みが割とプレイグループによってできあがってしまうこともあると思うんですね。ジャイアント弱いよね、って誤解がまだ蔓延してたりもして。カルティスト最弱説はもうさすがに消えたのかな。どうか知らないけど。ファキアは、まあ、うん。
 だけど、テラミスティカはまだまだ常識の固まってないゲームだと思うんですよね。なのでぼくはこれ常々言うんですけど「100戦しても1種族7戦しか遊べないゲーム」ですからね。オンラインテラミスティカの種族レーティングなんか今もゴリゴリ書き換わってますからね。
 ぼくはレーティング見てしょっぱい評価の種族いると、それ重点で使います。ぼくだけのアレではないでしょうけど、それで最近レーティング1000切ってた某種族がレーティング1000越えて強種族側に入ったりもしました。そういうの面白いんですよね。日々評価が変わっていってまだメタが完成してないんです。
 なので今回の動画はテラミスティカを遊んだことある人に、「いや、これくらいは行けるんだよ。っていうかこれもまだ途上なんだよ」ってのを持ち帰って貰って、もっとテラミスティカがガツガツ遊ばれるといいなと思っています。とりあえず現時点のてっぺんってのを知っとくと、まあ、見えてくる光景も具体化するのかなとかなんとか。
[ 2014年08月26日 22:56 ] 雑ネタ | TB(0) | CM(0)

独断と偏見で選ぶゲーム好きなら遊んでみたいボードゲーム50音

 今日は土用の丑の日だから「う」のつくボードゲームを挙げよう、という流れを見て、そう言えば先日毒にも薬にもならないエントリを上げたことを思い出しました。というか、そうですよ、あのエントリをなんで上げたかと言えば、今日のエントリの前振りだったワケですが、忙しくてすっかりそのことを忘れてました。ということで、ゲーム好きなら一度は遊んでみたいゲーム50音です。
 ただ、残念ながら「ぬ」が埋まりませんでした…… 一時はヌメリのダブル受賞も考えたのですが、それもなんというか。ぬ…… ぬ…… ヌークリアウィンター'68……

あ …… アグリコラ
い …… インドネシア
う …… ウォーターディープの支配者たち
え …… エルグランデ
お …… オートモービル
か …… カヴェルナ
き …… キーフラワー
く …… グリードインコーポレイテッド
け …… ケイラス
こ …… コンテナ
さ …… サンチアゴ
し …… シヴィライゼーション
す …… スチーム
せ …… セレニッシマ
そ …… ゾンビサイド
た …… ダイヤモンドクラブ
ち …… チグリス・ユーフラテス
つ …… ツォルキン
て …… テラミスティカ
と …… トワイライトストラグル
な …… ナビゲーター
に …… ニューロシマヘクス
ぬ …… (該当なし)
ね …… ネイションズ
の …… ノートルダム
は …… バス
ひ …… ビッグシティー
ふ …… プエルトリコ
へ …… ペロポネソス
ほ …… ホームステッダーズ
ま …… マリア
み …… 3つの掟
む …… 村の人生
め …… メディチ
も …… モダンアート
や …… ヤッツィー
ゆ …… 指輪物語
よ …… Yomi
ら …… ラー
り …… リーダーワン
る …… ルアーブル
れ …… レーベンヘルツ
ろ …… ロビンソン・クルーソー呪われた島
わ …… ワレンシュタイン


 重けりゃいいんだろ、って気持ちと戦いつつ、なるべく新規性というか独自性、時代の先端だったものを選びたいなと思案しながら選んだらこんな感じになりました。なぜかクニツィア博士の競り3部作が全部入ってしまいましたが、対抗馬がメイジナイト、モルゲンランド、ランカスターだったので、まあ、こっちかなと。
[ 2014年07月29日 19:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

独断と偏見で選ぶ触って欲しいボードゲーム50音

 ボードゲームを触ったばかりという人向けで、このゲームをぜひ触って欲しいなーというものを50音それぞれから始まるゲームを一つずつ選んで書き出してみました。それをこんな場末のブログに書いて誰が役立てるんだという話はありますが。
 まあ、よく埋まったなあというのが最初の感想です。ちょいと無理のあるところもありますけど。


あ …… アロザ殺人事件
い …… インカの黄金
う …… ウボンゴ
え …… エスケープ
お …… お先に失礼しまーす!
か …… カルカソンヌ
き …… キング・オブ・トーキョー
く …… クク21
け …… ケルト
こ …… ごきぶりポーカー
さ …… サンファン
し …… 勝利への道
す …… スポットイット(小細工)
せ …… ゼロの恐怖
そ …… 象のトランペット
た …… ダンジョンファイター
ち …… チーキーモンキー
つ …… ツイクスト
て …… テレストレーション
と …… ドミニオン
な …… ナイアガラ
に …… ニムト
ぬ …… ヌメリ
ね …… ねことねずみの大レース
の …… 呪いのミイラ
は …… パンデミック
ひ …… ピット
ふ …… ファウナ
へ …… ペンギンパーティー
ほ …… ボーナンザ
ま …… マニラ
み …… ミッドナイトパーティー
む …… ムガル
め …… メイクンブレイク
も …… もっとホイップを!
や …… 藪の中
ゆ …… ユニオンパシフィック
よ …… 詠み人知らず
ら …… ラブレター
り …… リズム&ボール
る …… ルミ
れ …… レジスタンス・アヴァロン
ろ …… ローゼンケーニッヒ
わ …… ワニに乗る


 とまあ、こんな感じで。「と」とか「は」が激戦区でした。「ぬ」で始まるゲームなんて殆どねえよ……
 「よりによってそれかよ!」というゲームもあると思います。他に適当なのがなかった場合もありますし、これとこれが被るから避けたりとか、単純にぼくがこのゲーム好きってのもあります。
 ある意味定番どころばかりで面白みのない内容になってしまったので、なんかもっと色が出る……というか、クドいテーマでなんか考えてみたほうがいいかもなーとか思ったり。まあ、それはまた改めて。
[ 2014年07月12日 22:41 ] 雑ネタ | TB(0) | CM(0)

天九牌の牌構成とは!

 電力会社大好きおじさんとしてボードゲーム数寄語り第1回にも出演されたちきさんが、最近になって超絶オモロイオモロイ言ってる打天九というゲームがあります。大富豪みたいな感じでラスト1トリックで勝負決まる系のトリックテイキングらしいです。

 http://ch.nicovideo.jp/chiki/blomaga/ar567824

 ちきさんは打点九好き過ぎてこんな記事まで書いたんですが、これを読んでのぼくの第一印象。

 わかんねえよ!

 なんでこの順番で強さが決まっているかといえば、おそらく最初に牌ありきでそこに強さを当てはめていったらこうなった…… みたいな。素人がトランプ縛りでカードゲーム作ったらどっかで破綻してこうなるよな、的なそんな印象を受けました。
 プレイアビリティに何よりも重きを置くモダンゲームのおもてなし精神に慣れてしまうとこの構成は不親切極まりなくも感じるんですが、一見して賭け事の道具とはわからんように迷彩してんのかなとか、なんか歴史的事情が背景にあるのかもしれませぬ。
 とは言え、ランクが妙なだけで強さのルールは決まっているのだから別のものに置き換えてみればスッキリするハズ……! と考えて、トランプに置き換えてみた形がこれ。

 天九牌


 あ、こうやってみるとわかりやすい。同じ数字ならペアで出せるとか、下家はそれより大きな数字の組でフォローするかパスして手札捨てるとか、なるほど大富豪の亜種っぽい感じ。
 実際置き換え作業を進める工程でこれまで意味わからんかった天九牌の構成も、ゾロ目は割と強いとか数字の合計が高いほうが強いとか一定の規則とそれをぶち壊す謎の横槍とが織り成すハーモニーを感じたりして、「まあ、確かにこれはこれで道具立ての魅力ってあるよな……」なんてしみじみ思っていたら……

 ちきさん「紙牌ならスートのインデックスついてるでw」(※カード見れば強さがわかる)

 http://sgrk.blog53.fc2.com/blog-entry-1941.html

 チキショオオオオ! ぼくのやったことは無駄だったあああああ!



 ということで皆さん、そのへんで予習して打天九動画を見ましょうw

 
[ 2014年07月02日 22:14 ] 雑ネタ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

円卓P

Author:円卓P
ニコニコ動画でボードゲーム動画作ってます

Twitter...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。