18番発電所

ボードゲームのことを書くよ
18番発電所 TOP  >  ゲーム会 >  6月23日個人宅ゲーム会、ビッグシティーなど

6月23日個人宅ゲーム会、ビッグシティーなど

 個人宅ゲーム会。この日遊んだのはテラミスティカ、ルアーブル、ビッグシティーの3つだけ。いかんせん、ルアーブルに時間かかりすぎたw

HNI_0036_20130721212021.jpg

 久々ミスティカ。AIとのじゃれあいじゃなくて生のテラミスティカが遊べるぞバンザイヤッター! ……しかし、最近AI自体も殆ど触ってないせいで腕は鈍り気味w
 この日のラウンドタイルは以下の通り。

「家2点 / 赤4:パワー4」
「家2点 / 青4:司祭1」
「交易所3点 / 白4:鋤1」
「鋤2点 / 茶1:金1」
「砦聖域5点 / 赤2:労働者1」
「町5点」

 4人プレイ。抜かれたボーナスカードは「鋤/2金」と「労働者1/パワー3」。これは自分で抜いたのでよく覚えているw
 一通り種族の理解が及んでいる人なら、まずは4ラウンド目の「鋤2点/茶1:金1」に着目するかもしれない。鋤で得点を得られるこのラウンドタイルの位置はとても重要だ。
 とりあえず、このタイルの存在でハーフリングは種族選択の候補のひとつに上がるだろう。ただ、今回はそうも行かない。というのは、この日初めてテラミスティカを遊ぶ人に(初心者向けという理由で)ハーフリングを譲ってしまったからw
 なので2番手になった自分は残った6色からピックしなければならない。目星をつけた種族をそのままピックできるなら問題はないんだよ! ただ、仮に自分が一番手だったらハーフリングを選ぶかで超迷う自信はあるw 鉄板とは言いづらいかなー。

 で、今回は錬金術師を選択。ハーフリングと陣取りで強烈に食い合う黒のチョイスは避けたかったのが本音なんだけど、1ラウンド目と2ラウンド目の宗教ボーナスを得るのに最適な種族は(本音を言えば教団員だったんだけど、これも無理なので)錬金術師かな、という結論。最初のラウンドにボーナスカードかパワーアクションで司祭をGet&派遣して教団ボーナス条件を達成。それで得たパワーで2ラウンド目にPA司祭を取ってここも達成、という筋書き。

 ただ、実際はそううまくは流れなかった。ボーナスカードのドラフトでは4番手のカオスマジシャンが「司祭」をピック。3番手のウィッチが「砦聖域:4点/2労働者」をピック。どちらかは残るだろうという読みがあっさり外れるw
 こうなるとボーナスカードのピックは甚だ難しくなる。そもそも今回は後手番の鉄板であるところの「鋤/2金」が落ちているのが大きい。ドミノ式に優秀なボーナスカードがカットされた形。
 最悪「パワー3/労働者1」があれば、それでも我慢できたんだけど今回はそれすら落ちている始末w 結局錬金術師の初手としては最悪な「6金」を選ばざるを得なかった。これは自分のためというよりは上家ハーフリングへの嫌がらせの意味合いが強いw 相手は初プレイですよヒドいですねw

 さて、錬金術師の1ラウンド目の行動パターンは、砦を建てる → PA2鋤が基本なんではなかろか。しょっぱなから鋤強化に走る、という手もあるけど、PA2鋤の方が安定する、気がする。

 で、この計画を実行するには注意点が2つある。
 1つはPA2鋤を他人に取られないようにすること。ハーフリング、エンジニア、スウォームリング、マーメイドなどの初期9パワー族に注意。これら種族が「パワー3/労働者1」「船/パワー3」のボーナスカードを取るとPA2鋤の条件が整う。今回は上家のハーフリングの選択が怖くはあったんだけど、「船/パワー3」はそこまで得なボーナスカードではないと踏んでスルー。実際そんな感じだった。
 また、ボーナスカードはなくても隣接種族からのパワー収入で2鋤を取られる可能性もある。なので砦は速やかに建てたい。

 もう1つの注意点は2労働者を確保すること。デフォの6労働者は砦を建設するだけで終わるので、PA2鋤の後に家を建てるためには別口の労働者が必要。
 同じようなことは初手砦種族のジャイアントやノマドにも言える(ウィッチは建設コスト0なのでいらない)。たまに1ラウンド目に砂嵐撃つだけで終わるノマドを見るけど、あれはちともったいない。
 で、今回の場合、ボーナスカードで2労働者が獲得できないのでPA労働者2を取るしかない。となるとPA司祭は捨てざるを得ず、このラウンドの宗教ボーナス達成は無理という結論になる。ドミノ倒しのように当初の計画が崩れる様がお分かり頂けるだろうかw
 崩れた計画を立て直すべく、2ラウンド目では神殿建設で宗教の恩恵タイル(青青のヤツね)を取り、なんとか宗教ボーナスを得られる方向に舵を切る。この恩恵タイルは「強くはないけど、まあ、あれば便利」という立ち位置。苦渋の選択ですよw
 ……でまあ、こんな序盤でグダったらその後の伸びも欠くワケで。最終的には108点。勝つには勝ったけどもロースコアなプレイになった。

HNI_0040_20130721212022.jpg


 ただまあ、ひとつ見せ場は作れた。最終ラウンドは前述の通り町完成で5点の勝利点が追加されるラウンド。ここでウィッチが3つ目の町完成を狙う。
 自前の能力も加味して町完成でウィッチが得られる得点は17点。これはちょっと大きすぎる。そこでウィッチが最後の家を建てようとしたその瞬間、こちらは鋤LV2を生かしてウィッチの建設予定地を逆改良。町完成を妨害する。
 ギリギリのリソースしか手元にないウィッチは土地を改良し直す余力がなかった。これでウィッチは無念のエンドを迎える。もし町が完成していれば、ウィッチは120点近くを稼いで1位になったところ。ギリギリの一手で凌いだ形だ。

 ……まあ、これが計算づくだったカッコいいんだけど、実際は計算をミスって町を作れずに余った労働者をなんとか使えないか悩んだ末の顛末w なんとも泥臭すぎるプレイだったので次はもうちょいスマートに勝ちたいですw


HNI_0042.jpg

 ルアーブル5人戦。やりたいねー、やりたいねー、と言いながら重さもあってなかなか遊ぶ機会がなかったこのゲーム。4人で始めようとしたところ、5人目が来るとの連絡が入ったので練習がてらに数ラウンド回していざ本番へ。
 序盤はタイミングよく鉄が2つ手に入った以外は渋い展開。牛も小麦も増やせず2粘土やら2木材で我慢することも多々。こういうしょっぱい地合でうまく中央市場を使えるといいんだけどなー。
 こっちが建てた木工所は誰も使ってくれないしな! そういう建物だってのはわかってたけどさ!w

 中盤は景気良く建物をぽんぽん建てるプレイヤーが贔屓目にもリードしているのでどうやって絞るか悩む。造船所を建設してくれたので、ここはさっそく木造船を作る。2金譲渡はいたしかたなし。
 前のめりな借金で食料品店、簡易裁判所を購入。でも、あんまり人には使って貰えずw くそ、文化センター狙いだったのにw 仕方がないので自分で使う。どっちも強いのになー。

 ルアーブルの借金は4金借りて5金返済。利息1金が1ラウンドに1回。ただし、借用書を何枚持ってても利息は1金のみ。
 2金借りて5金返すホームステッダーズとか、1行動ごとに利息1金支払う塩の海とか、あと大抵のワレスゲーに比べれば驚くほど良心的。これなら気楽に借金できるNE!(ご利用は計画的に)
 商館を作ってからは余った小麦を吐き出して鋼鉄を集める。これで鋼鉄の船1番乗り。
 ところが今まで牛や小麦を抱えて息を潜めていたプレイヤーが突如毛皮+木材を6金だか8金で売れる特殊建物を使って一挙に50金近くを稼ぎ出す。げげげ。
 他にも資材を溜め込んでじっとしてたプレイヤーが豪華客船を2つ作って場が一気にヒートアップ。ここまでいいペースで動けている自負はあったものの、怒涛の追い込みにちょっと焦る。
 最後は牛出荷と簡易裁判所でお金を稼ぐ。そのお金で工場を買い集めて銀行のボーナス点を積み増し。これは他の金余りプレイヤーが引き取らないといけないんだけど、うん、まあw
 で、最終的に160何点かで勝利。序盤の出足は不調だったけど、早めの船建造で食糧供給を軽減できたのが大きかったかなー。

HNI_0043_20130721212026.jpg

 それぞれ戦略に違いがあって、なおかつどれも成り立つのが面白い。建設、鋼材出荷、豪華客船、現物重視…… 極限レベルで言えば、そりゃー戦略の淘汰はあるだろうし、インタラクション含みで考えればトップ叩きでバランスを取るゲームなのかもしれないけど、自分のやりたい道筋で勝負できるので充実感はある。
 ただ、勝ち筋を把握しないまま場当たり的にプレイするとゲームには勝っても充実感は得にくいかも。自分は初回がそうだった。なんかよくわからんけど勝ったー、みたいなw これまでルアーブルは3回やって今回が1番充実感があったなあ。


HNI_0045_20130721212027.jpg

 ビッグシティー。コンテナと並ぶデロンシュの代表作。春ゲムマで6500円で買ったブツ。プレイ時間45~70分て、うーん、ホントこれで終わるんかな?
 最初は疑問だったもののルールを解読してみて納得。なるほど、街作りと言っても拡大再生産的な要素はない。マンハッタンみたいな感じのゲームなのね。
 さっきのルアーブルとは違い、多種多様なリソースなしに純粋に得点だけを追及するのは古きよき素朴なドイツゲームの匂いがする。発売は1999年。ティカルがSdjを獲得した年らしい。
 全然話は逸れるけど、リソースの多様化から見るボードゲーム史ってのは面白い切り口かもしれない。どういう変遷になるかすぐには思い浮かばないけど、カタンを出発点にして「祈り、働け」を終着点にすればそれっぽくなるだろうw 転換点はケイラスなのかな。

 さておいて、このゲーム、基本は「手札を出して建物を作って得点を得る」。これだけ。建物の建設条件やら得点の修正やらあるけど、今のゲームから見れば、まあ、簡単な部類。
 手札には23とか64とか2桁の数字が書かれていて、手札をプレイすることで対応する区画に建物を置ける。アクワイヤみたいな感じだね。1度に連続する区画のカードをプレイすることで2マス、3マスサイズの建物を作ることもできる。もちろん、大きな建物の方が高得点なので手札を揃えて一気に大量得点を狙いたい。
 ってことで、このゲームは纏まった区画を手元に揃える、つまり大規模土地買収ができると高得点の目が生まれる。そのためには手札の交換アクションが重要。自分のいらない区画を山札の底に戻して、改めて引き直し、誰も手をつけていない土地の独占を目論む。
 このカード周りのルールがよくできている。山札は区画ごとそれぞれ8つのデッキに分けられているので、意図的に特定の区画ばかり集めることができる。人に先んじてカードを集めるメリットが明確なのが熱い。
 また、それぞれのカードに記された番地はユニークで重複がない。自分が持っている土地を他人に占拠される恐れはないわけだ。引き運はあるにせよある程度は計画的な都市開発ができる。
 ただし例外条件はある。公園と工場の2つがそれで、この2つは隣接する住宅やオフィスに加点減点を与える効果があるんだけど、それ以上に重要なのは(多少の条件はあるものの)どこでも好きな場所に建てられる、ということだ。
 一度建設された公園や工場は撤去できず、建て替えも不可能。該当の区画のカードが手元にあったら? 当然もう使えないわけですよw
 この公園と工場の効果は凄まじく、建設されるたびにあちらこちらで悲鳴が上がるw 緻密に練ってきた都市計画が一瞬で崩壊するんだからたまらない。なんか想像以上の潰しゲーだぞこれw
 自分も序盤に手札交換で特定地域のカードを集めまくってたら、あっさり工場で潰されましたw アカン、狙いがバレバレすぎたw

 で、そうなると腐った区画カードは山札に戻して、改めて有望な未開発区域の確保に動くことになる。ただ、戻したカードは山札の下に入れるルールなので、そのうち山札からは腐臭が漂ってくるw
 序盤は何よりも手札を揃えることが重要なんだけど、終盤は一転「残り物には福はない」という慈悲のなさ。土地バブルの勃興と崩壊を描いているようで実に示唆的だw

 うーむ、面白い。人数に応じてゲーム性が大きく変わりそう。今回は5人プレイだったので壮絶な叩き合いになったけども、人数を絞ると緻密な戦略ゲーになりそうでもある。3人プレイだと自分好みの運要素になるんじゃないかな。この重さで3人で回せるゲームは少ない(ラーとかその辺かなー)ので、もしそうだとすると大変喜ばしいw
 ルールには書いてないんだけど、手札枚数は公開情報なのか非公開情報なのか、どっちなんだろう。公開情報だと特定プレイヤーへ意図的な直接攻撃ができるので非公開情報の記憶ゲーなのかなという気もする。どうなんじゃろ。
 2ターン連続でパスor交換が続いたら終わりという終了条件はグダグダを誘発してゲーム終了を引き伸ばすのがアレだけど、それ以外はうまくできてるなーと感心する。ゲーム終了時の見栄えは実にいい。
 あ、もう1つ難点を挙げると「映画館建てます」「映画館どれだっけ?」みたいなことが頻発するw オフィスと住宅がどっちがどっちだっけ、みたいなこともあって結局「赤い建物」とか「白い建物」とか呼ぶのでなんとも風情がないというw
スポンサーサイト
[ 2013年07月21日 21:36 ] ゲーム会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

円卓P

Author:円卓P
ニコニコ動画でボードゲーム動画作ってます

Twitter...