18番発電所

ボードゲームのことを書くよ
18番発電所 TOP  >  スポンサー広告 >  ゲーム会 >  2月10日個人宅ゲーム会。スチームなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2月10日個人宅ゲーム会。スチームなど

 個人宅にてクローズドなゲーム会。参加者は4名で開催は9時から23時頃まで。個人的にはもっと遊んでもよかったんだけどw 帰りは雪が凄かったけど積もらなくてよかったよかった。

 テラミスティカ。都合13回目のプレイ。多分。スウォームリングを担当。他に錬金術師、ハーフリング、エンジニア。普段は東大陸に引き込まる錬金術師が中央に出張ってきたせいでハーフリングと食い合う展開。つか中央過密すぎw 少しは離れろw



 序盤の配置。労働者1/パワー3のボーナスタイルを取って初手PA2鋤を狙っていたら1番手のエンジニアに船/パワー3のボーナスタイルが流れて鋤2を取られてしまったw エンジニアの出だしとしてはほぼ理想形じゃないかなー。



 ハーフリングと錬金術師が苦しい中で、こっちは初手砦から順調に交易所を建てる。ところが、中盤完全に分断されて接続数勝負から脱落。これは痛い。そこで教団制覇に狙いを切り替えて司祭を放り込む。
 司祭を過剰に派遣したおかげで第6ラウンドで町を作った時に司祭のストックがなかったりして。最後に鋤を2段階上げて得点稼ごうと考えてたので、この時は一瞬血の気が引いたw 鋤改良→PA司祭で事なきを得たけど。



 ゲーム終了時の盤面。120点で勝利。接続数ボーナスがないとさすがに伸びないね。他の種族は見切れてるけど100点ちょいかな。今回は種族同士の潰し合いが激しくて全体的にロースコアな結果に。みんな慣れてくるとこういう展開もあるね。

 実戦でのスウォームリングは初使用だったけど、思ったよりも使いやすいね。労働者が不足しがちなので家の確保はやっぱり重要。毎ターン1件は建てたい。船で無改良の土地を取るのが大切。
 でも、序盤の船強化は大変なのよな。あと、今回は教団ボーナスで鋤を取れたのがよかった。
 あと、スウォームリングは割とぼっち気味でも不足なく交易所を建てられるのがよいね。(人魚もそうだけど)青は地勢上点孤立しやすいのでうまく弱点を補っている。人魚は人魚で青の町を作りにくい欠点を解消してるので、どちらもテラミスティカの特徴を踏まえた良デザインだよね。
 パワー収入が豊富なのもスウォームリングの強みかな。交易所+砦で6パワー収入安定。交易所を増やしてさらにドンみたいな。
 反面、得点タイルに合わせて一気に家建設とか交易所建設とかできないので爆発力は薄いかも。初手砦なら初心者がプレイしてもいけそう。町建設した時の労働者3を忘れなければw



 お次はアグリコラ4人戦。今回はCデッキ、Oデッキ、宇宙人のXデッキを投入。CデッキやOデッキのカードは面白いなあ。宇宙人は違う意味で面白いw 初手イチゴ摘みからスタプレ個人の森と繋いで出だしは好調だったんだけど、2ステの家族を増やすでコケた。4人戦はいつもこうだよ!w

 

 増員が思うように進まずネズミ捕りまで出てきてサクサク進むw やることないプレイヤーに「Xデッキに挑戦しろよ!」なんて煽ったら「他のPLの家族を1人配置する。抵抗は無駄だ」なんてひでーカードが飛び出す始末w 30点で2点差2位。



 職業と進歩は悪くないんだけど、うーん、増員のタイミングが合わなかったなー。Xデッキは他にも「家族を拉致される代わりに3点得る」とか「ミステリーサークルを牧場に作る」とか出てきたけど針供養も済ませたのでもういいでしょうw





 アルケミスト。錬金術のレシピを作成、コピーで得点を稼ぐゲーム。プレイヤー間でバランスを取るゲームだね。なかなか難しい。低得点のレシピはなかなか使って貰えず材料が集まらないのでちょいオトクなレシピで材料を集めるのが重要なのかな。





 スチーム。ワレスの鉄道ゲーは蒸気の時代やレイルロードタイクーンを遊んだことがあるけど、これが一番スッキリしていて好きだな。次の手番順まで決まる役割選択が実に悩みどころ。蒸気あたりに比べるとカツカツ感が大分薄いので精神的にはラクw
 独走する茶色プレイヤーを「よし、止めよう」と口では言いながら個人の利益追求に奔走するその他一同w
 結果的に個人路線を確保した茶色一人勝ち。なんというかトップ叩きを結束して実行できるような交渉力が重要かもしれない。2番手がトップ叩こうとか言い出しても説得力ないんだよなあw
 蒸気の時代はスタプレが競りなので先手が利益を得てさらにスタプレを取るというスタプレ再生産が起きやすかったのに比べて、こっちは逆転要素が用意されているのでまだ粘れる。どちらもプレイの濃密さは抜群で、一手がピンチにもチャンスにも変わりうる圧倒的なインタラクションが面白いね。




 あとはオイそれはオレの魚だぜ、とか、お先に失礼しまーすをやって解散。お先に失礼しまーすは正直勝ち方がわからんのだけど、勝った時の爽快感が素晴らしいので好きなゲームw 「残業」という単語が世界で指折りに嫌いな人にはぜひやって貰いたい。
スポンサーサイト
[ 2013年02月12日 00:23 ] ゲーム会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

円卓P

Author:円卓P
ニコニコ動画でボードゲーム動画作ってます

Twitter...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。