18番発電所

ボードゲームのことを書くよ
18番発電所 TOP  >  雑ネタ

ゆっくりテラミスティカ盤上解説



 こんな動画を作ったので宣伝を兼ねて。とは言ってもこの動画、「みんな見てね!」とは言いづらく。今回はテラミスティカが分かる人だけ見て貰えればいいやというスタンスです。それもセットアップ終わった時点で、どの種族が行けそうかな、ってのを考える人向けです。なのでセットアップ終わったところで勝者予想すると面白いんじゃないかなと。
 この試合、ぼくは途中経過を1回チラッと見たことあったんですけど、その時もすげー接戦で。というか、この試合、最後まで接戦が続くんですけど。ちょっとテラミスティカ知ってる人なら分かる通り、最後まで誰が勝つかわからないなんて展開は、まずないんですよ。1vs1が最後までもつれることはあっても、1vs1vs1vs1が最後まで続く試合はまずない。この試合は、ホント稀有です。
 それはこのゲームが拡大再生産だからってこともありますし、経験値が反映されやすいゲームでもあるからです。でも、十分な経験を積んだ者同士が鎬を削るとこうなるんだよ、という一つの例を見ることができて、いやー、素晴らしいなー、これはいいなー、と思って動画にした次第です。
 別に動画じゃなくて、テキストで解説するのでもよかったんですけど、やっぱり解説には1場面1場面の絵面が必要で、そうなると動画のほうがフォーマットとしては適切かなと思ってこういう形にしたわけです。基本的にはログと突き合わせてどうなってるかを確認して欲しいという考えなんですね。
 なので、この動画単体では必要な情報が少なくて、わからん部分はあるんです。現時点のリソースや勝利点がわからないと追いづらいでしょうし。まあ、そこまで気になる人はログ見てね、という話です。
 言うても局面局面でもうちょい具体的な話や駆け引きの解説ができてたらよかったなーとは思うので、もし次やるとしたら自分のログを元にした方がいいかもですねー。人の思考はよくわからんw

 プレイングの部分に関して言えば、現時点でほぼ最高のメンツではありますけど、見ててまだ粗はあるよね、って話でもあって、まだまだ逆転の余地はあったよね十分に、と個人的には思っています。
 特にダークリングはね。色々思うところがあって。エンジニアも1番手で取るのはリスキー過ぎるだろとかありますし。あと、この盤面で3番手エンジニアだったらどうなってたんだろ、みたいな妄想するじゃないですか。夢膨らみますよ。

 あのー、テラミスティカって割と誤解されやすいゲームでして、これが常識だって思い込みが割とプレイグループによってできあがってしまうこともあると思うんですね。ジャイアント弱いよね、って誤解がまだ蔓延してたりもして。カルティスト最弱説はもうさすがに消えたのかな。どうか知らないけど。ファキアは、まあ、うん。
 だけど、テラミスティカはまだまだ常識の固まってないゲームだと思うんですよね。なのでぼくはこれ常々言うんですけど「100戦しても1種族7戦しか遊べないゲーム」ですからね。オンラインテラミスティカの種族レーティングなんか今もゴリゴリ書き換わってますからね。
 ぼくはレーティング見てしょっぱい評価の種族いると、それ重点で使います。ぼくだけのアレではないでしょうけど、それで最近レーティング1000切ってた某種族がレーティング1000越えて強種族側に入ったりもしました。そういうの面白いんですよね。日々評価が変わっていってまだメタが完成してないんです。
 なので今回の動画はテラミスティカを遊んだことある人に、「いや、これくらいは行けるんだよ。っていうかこれもまだ途上なんだよ」ってのを持ち帰って貰って、もっとテラミスティカがガツガツ遊ばれるといいなと思っています。とりあえず現時点のてっぺんってのを知っとくと、まあ、見えてくる光景も具体化するのかなとかなんとか。
スポンサーサイト
[ 2014年08月26日 22:56 ] 雑ネタ | TB(0) | CM(0)

独断と偏見で選ぶ触って欲しいボードゲーム50音

 ボードゲームを触ったばかりという人向けで、このゲームをぜひ触って欲しいなーというものを50音それぞれから始まるゲームを一つずつ選んで書き出してみました。それをこんな場末のブログに書いて誰が役立てるんだという話はありますが。
 まあ、よく埋まったなあというのが最初の感想です。ちょいと無理のあるところもありますけど。


あ …… アロザ殺人事件
い …… インカの黄金
う …… ウボンゴ
え …… エスケープ
お …… お先に失礼しまーす!
か …… カルカソンヌ
き …… キング・オブ・トーキョー
く …… クク21
け …… ケルト
こ …… ごきぶりポーカー
さ …… サンファン
し …… 勝利への道
す …… スポットイット(小細工)
せ …… ゼロの恐怖
そ …… 象のトランペット
た …… ダンジョンファイター
ち …… チーキーモンキー
つ …… ツイクスト
て …… テレストレーション
と …… ドミニオン
な …… ナイアガラ
に …… ニムト
ぬ …… ヌメリ
ね …… ねことねずみの大レース
の …… 呪いのミイラ
は …… パンデミック
ひ …… ピット
ふ …… ファウナ
へ …… ペンギンパーティー
ほ …… ボーナンザ
ま …… マニラ
み …… ミッドナイトパーティー
む …… ムガル
め …… メイクンブレイク
も …… もっとホイップを!
や …… 藪の中
ゆ …… ユニオンパシフィック
よ …… 詠み人知らず
ら …… ラブレター
り …… リズム&ボール
る …… ルミ
れ …… レジスタンス・アヴァロン
ろ …… ローゼンケーニッヒ
わ …… ワニに乗る


 とまあ、こんな感じで。「と」とか「は」が激戦区でした。「ぬ」で始まるゲームなんて殆どねえよ……
 「よりによってそれかよ!」というゲームもあると思います。他に適当なのがなかった場合もありますし、これとこれが被るから避けたりとか、単純にぼくがこのゲーム好きってのもあります。
 ある意味定番どころばかりで面白みのない内容になってしまったので、なんかもっと色が出る……というか、クドいテーマでなんか考えてみたほうがいいかもなーとか思ったり。まあ、それはまた改めて。
[ 2014年07月12日 22:41 ] 雑ネタ | TB(0) | CM(0)

天九牌の牌構成とは!

 電力会社大好きおじさんとしてボードゲーム数寄語り第1回にも出演されたちきさんが、最近になって超絶オモロイオモロイ言ってる打天九というゲームがあります。大富豪みたいな感じでラスト1トリックで勝負決まる系のトリックテイキングらしいです。

 http://ch.nicovideo.jp/chiki/blomaga/ar567824

 ちきさんは打点九好き過ぎてこんな記事まで書いたんですが、これを読んでのぼくの第一印象。

 わかんねえよ!

 なんでこの順番で強さが決まっているかといえば、おそらく最初に牌ありきでそこに強さを当てはめていったらこうなった…… みたいな。素人がトランプ縛りでカードゲーム作ったらどっかで破綻してこうなるよな、的なそんな印象を受けました。
 プレイアビリティに何よりも重きを置くモダンゲームのおもてなし精神に慣れてしまうとこの構成は不親切極まりなくも感じるんですが、一見して賭け事の道具とはわからんように迷彩してんのかなとか、なんか歴史的事情が背景にあるのかもしれませぬ。
 とは言え、ランクが妙なだけで強さのルールは決まっているのだから別のものに置き換えてみればスッキリするハズ……! と考えて、トランプに置き換えてみた形がこれ。

 天九牌


 あ、こうやってみるとわかりやすい。同じ数字ならペアで出せるとか、下家はそれより大きな数字の組でフォローするかパスして手札捨てるとか、なるほど大富豪の亜種っぽい感じ。
 実際置き換え作業を進める工程でこれまで意味わからんかった天九牌の構成も、ゾロ目は割と強いとか数字の合計が高いほうが強いとか一定の規則とそれをぶち壊す謎の横槍とが織り成すハーモニーを感じたりして、「まあ、確かにこれはこれで道具立ての魅力ってあるよな……」なんてしみじみ思っていたら……

 ちきさん「紙牌ならスートのインデックスついてるでw」(※カード見れば強さがわかる)

 http://sgrk.blog53.fc2.com/blog-entry-1941.html

 チキショオオオオ! ぼくのやったことは無駄だったあああああ!



 ということで皆さん、そのへんで予習して打天九動画を見ましょうw

 
[ 2014年07月02日 22:14 ] 雑ネタ | TB(0) | CM(0)

SOMURIEブラックストーリーズ

 ボードゲームSOMURIEですか。今話題ですね。

 コメント欄は、まあ、結構な賑わいになってますね。そりゃー、人狼プレイヤーである自分をここまで悪しざまに言われたら黙っちゃいられないってのが人情でしょう。
 でも、ちっと考えてみるとですよ。SOMURIEが矛先を向けたのって、ホントにこういうコメント欄に書きこむような普通の人狼プレイヤーなんですかね? まあ、コメント欄で殺気立つ人を普通と括ると、どこかからお叱りを受けるような気もするんですが、それはさておきw
 だって仮にもSOMURIEを名乗る人が、トップ叩き上等のマルチゲームを嗜んでいる人が、こんなヘイトを買って当然のテキストをポンと放り出すのって、なんかおかしいと思いませんか? SOMURIEの回りにだって人狼遊ぶ人はいるでしょうしね。
 SOMURIEが残念な人だから、で終わらせてしまうのもいいんですけど。それならなんでSOMURIEがこんな自死めいたテキストをしたためたのか、ぼくはその理由を考えた方が面白いと思う方です。ブラックストーリーズじゃないですけど「ボードゲームSOMURIEが人狼を非難した。なぜか?」って感じです。

 で、振り返りますと、あのテキストは「SOMURIEは人狼をエンターティメントとして提供しません。それはこういう理由です」って話です。
 「エンターティメント」とはなんぞやという話ですが、もっと噛み砕けばサービス、SOMURIEにとってのボードゲームは趣味ではなく商売です。実際生計を立てているのかとか、プロの定義がどうかとか、そういうのは抜きにして、SOMURIEにとってボードゲームは商売なんです。まずここが立脚点として1つ。
 そして、「よそで人狼を商売として提供された際に、SOMURIEはこんな大変な目にあったよ」というエピソードが中軸として語られています。ここで扱われている人狼も体験をサービスとして提供する商売です。ゲーム会で仲間同士でやってるそれとはまったく異質なものです。
 で、「このような経験から商売として扱うには難しいと判断して、SOMURIEは人狼を提供しません」という万感の意を込めた一言が「僕は人狼が大嫌い」という表題になるワケです。ニホンゴムズカシイネw
 多分、SOMURIEのお客さんから「チューッス、SOMURIEさん、最近流行の人狼? ヤってみたいんですけど!」ってやたらめったら言われてSOMURIEもその都度断るのに困ったんじゃないですかね。いや、これ勝手な想像ですけどw
 ともあれ、もう一つ大事なのはそれです。このテキストはSOMURIEのお客さんに向けて書かれたアピールだということです。あなたSOMURIEのお客さんですか? 違うならいいんです。別世界の話ですからね。

 じゃあ、SOMURIEが非難しているのは誰なのか、と言えば、はい、それは同業者なんです。文中にも出てきたような人狼をサービスとして提供する同業者に牽制をして、「SOMURIEは他所とは違う優れたサービスを提供しますよ」と、宣伝している。それが要旨です。このテキストってセールストークなんですよ。

 なので、コメント欄で「主催者側がフォローしなかったのが悪い」と仰ってる方。正しい。あなたは正しい。そしてSOMURIEもそう言いたかったんだと思います。が、致命的に伝わってない現状ですねw
 一般の人狼プレイヤーに対しては、まあ、「なんでも言い合える仲間でやるなら大いに結構」って言ってるので、そういうことなんじゃないですかね。SOMURIEはそういう人は見てないと思います。お客じゃないからw
 このやりとりって稚拙な誤射で発生した後世の歴史家が頭抱える系の紛争みたいなもんじゃないかと思いますよ。なんかこれだけで人狼の醍醐味が存分に味わえますね。ぼく人狼やったことないですけどw

 ということで前提条件を纏めます。

 ・SOMURIEにとってボードゲームは商売です。
 ・SOMURIEはお客さんに向けてアピールをしています。
 ・SOMURIEにとって人狼イベント提供者は同業者です。

 で、結論は。

 ・SOMURIEは同業者とは違った素晴らしいボードゲーム体験を商売として提供します。

 ってだけの話なんですね。
 なので人狼のシステムとしての長所短所を語ってもSOMURIEには届きません。既にSOMURIEにとって「人狼は欠陥を抱えた商材である」という結論が出ているので。それを逆用して自己アピールにも繋げてるので方針は変わりません。
 人狼の欠陥を埋めたゲームを提供すればいいのでは? 素晴らしい知見ですね! 実はそれ、SOMURIEが普段提供しているゲームですw 何かは知らんけどw
 ゲームの具体名を挙げないのはそれが商売上のノウハウだからでしょうね。SOMURIEは前にもボドゲベスト20の情報を無料で提供します、みたいなこと言ってましたしねー。


 そうそう、ぼくはSOMURIEは人狼大好きな人だと思っていました。まあ、SOMURIEのこと全然知らんですけど。
 っていうのはやっぱり人狼はイベントと相性がいいというか、商材として使いやすいゲームだと思ってたんですよね。当然、SOMURIEはそういう商売をしている人なので商材の一つとして活用しているものと思ってました。
 なので逆にSOMURIEが人狼抜きで商売してるってのは、へー、頑張ってるなーって印象です。逆に色々頑張ってるのに人狼にお客さんかっさらわれるから坊主憎けりゃでこんなテキストを書いたのかもしれない…… とか、そこまで当て推量するのはゲスいですけどw
 まあ、アレですね。SOMURIEは書き方が悪かったですね。ただ、あれはSOMURIEのボードゲーム愛の裏返しなのかもしれないですね。
 まあ、真っ正直にセールストーク書けるかと言えばそれも難しいですよね。SOMURIEは1ボードゲームファンと商売人の重ね合わせの存在というか、ファンの共感を得るために「SOMURIEも1ボードゲームファンですよ」っていうスタンスを崩せないと思うんですね。商売人ですよ、って開き直れば認識のズレはなくなると思うんですけど、それで失うものも少なくないと思うんです。
 その辺、SOMURIEの意識と周囲の認識のズレが覿面に出たのが今回の出来事なのかな、と思ったりもします。いらぬ誤解を招かぬために自分の属性を表明することって重要だと思いますね。もしくは属性を隠すならそのフリを貫徹して欲しい。って、なんか人狼っぽいなこのアレw


 てか、メビウスママのコメントちょう優しいですね…… メビウスママ結婚しよ!

 そんなワケでお口直しに人狼のマンガでも読みましょうw

 http://www.moae.jp/comic/katakuri/591/1
[ 2014年06月30日 22:25 ] 雑ネタ | TB(0) | CM(0)

徹底検証・奥様は見た! 犯人は踊る旧版新版大比較! その謎に迫る!

P1000174.jpg

 ……とか、大々的な見出しをつけておいて単純にカード構成を調べましたよってだけの話なんですが。左のスリーブがかかっているのが旧版、右の裸のが新版です。
 「わざわざ旧版と新版とよー持ってるなー」と思われるかもしれませんが、実のところ犯人は踊るには「旧版」と「旧版第2版」と「新版」があるので、コレクターなら四の五の言わず3種類全部揃えていることでしょう。だからぼくはコレクターとかじゃないです。
 さて、ご存知のように新版・犯人は踊るではアナウンスのあったようにたくらみカードが2枚とブランクカードが2枚追加されています。ただ、ゲームの構成的には32枚のカードが必要なので増えた分は何かしらカードを減らす必要があるわけです。で、それはなんなのかという話なんです、が……

P1000176.jpg

 い、一般人が減ってる……! この世界はいつだってイイやつから死んでいく……
 というワケではないでしょうが、まあ、皆様ご想像のとおり、何も能力を持たない一般人が2枚減りました。てか、鍋野さんも「一般人減らそうかなー」って言ってましたしね! そりゃそうですよね! って、あ!

P1000177.jpg

 も、目撃者も減ってる……! ヤツはその目で見てしまったのかもしれない…… 犯人に不都合な『真実の向こう側』を……!
 目撃者もなんと1枚減ってしまいました。鍋野さんは目撃者を「情報量を増やさないためのカード」と言ってたのでこの変更も頷けるところです。旧版に比べて新版はちょこっとカードの流動性を増す方向にシフトしているのかもしれません。はっ、ということは……!

P1000175.jpg

 う、うわさが増えている……! 真実と向き合えない人々の、これが弱さの証とでも……!?
 なんと、うわさが1枚増えていました。鍋野さんは「ランダム要素が少ないかも」って言ってたのでこの変更も頷けるところです。実際、新版で遊んだ時に「え、またうわさかよー!」って叫ぶことが多かったので、1枚増えただけで強烈に存在感アップしてますね。
 ちなみに終盤のうわさ連発で、負けたと思ったぼくの手元に犯人が転がりこんできて逆転勝利を決めるという愉快な出来事もありました。は、犯人はぼくだったみたい……?
 旧版に比べて新版はよりパーティ要素を増したと見ることもできるでしょう。ダイナミックに場が動く場面が増えたという意味でいい調整だと思われます。

 とまあ、カード構成の変更点はそんなところでした。アナウンス以外の細かい調整もあってプレイフィールはかなり変わってますね。
 ちなみに先日のゲムマで鍋野さんは「新版で旧版の遊び方できますか?」って聞かれて「ブランクカード2枚を一般人にして、たくらみと入れ替えればできます」って答えてたんですけど、実際それだとまったく旧版と同じ構成にはならないんですね。まあ、新版を買ってわざわざ旧版仕様で遊ぶ必要はないと思いますけども。
 そんなワケで、旧版を持ってるから新版買うのどうしようかなーと悩んでる人の参考になれば幸いです。
[ 2014年06月07日 00:59 ] 雑ネタ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:円卓P
ニコニコ動画でボードゲーム動画作ってます

Twitter...