18番発電所

ボードゲームのことを書くよ
18番発電所 TOP  >  ゲームマーケット

2014ゲムマ春の注目作品

 ゲームマーケットまであと1周間を切った中、備忘録も兼ねて自分の気になっているゲームを挙げていきます。先日上げたボードゲーム数寄語りでも同様の話をしていますが、尺の都合で挙げられなかったゲームも紹介します。
 なお、名前を挙げたからと言って即買うとは限らないのが大人の事情と言いますか。予算の都合があるからね……
 基本的に自分の基準は「システム面白そうなら○」「ダイスゲーは△」「2人用ゲーは×」「過去作評判良ければ加点」「アートワーク拘り薄」という感じです。なので「アタシ、ロストシティ大好きなの~♪」という方の参考にはならないかと思われます。が、ぼく自身がロストシティを遊んだことがないのでその辺は断言できかねます。
 まあ、実際そのゲームを回した時の楽しさを想像できるかどうかが分水嶺かもしれません。そんな触る前からなんでもかんでも分かるワケじゃないですけど。


江戸職人物語 C25 imagine games
 http://blog.goo.ne.jp/imaginegames/c/25ad57ea353e76ff846bc2b0fd36d8fe

2~4人
人数*30分
5000円

 話題の重量級ゲーム。東京ドイツゲーム賞受賞のimagine Gamesさんの渾身の一作ということで注目度も高かったワケですが、それを裏付けるかのように予約も一晩で終了と勢いを感じます。予約ですか? シテナイヨ?
 イスファハン、ドラゴンイヤー、倉庫の街を参考にしたゲームということですが、ロイヤルターフ、シープレース、ストーンエイジを参考にした前作のジジニャーゴが実際そんな感じだったので、そんな感じなんだろうなあと思います。ドラゴンイヤーしかやったことないなあ……
 ぼく的には、まあ、イスファハンというところで「ダイスゲーかあ……」というアレが入るので、2時間ゲーでダイスというとちょっと身構えるところがあります。まあ、でも、そこは趣味の問題で、imagine Gamesさんはきちんとクオリティ確保してるとは思います。ジジニャーゴ面白かったしなあ。
 あと、ご本人がもっさり感あるよ、とおっしゃられていますが、ジジニャーゴが割とルールマシマシだったので、こっちもそうなんだろうなあという予感はあります。



新版・犯人は踊る D08 鍋野企画
 http://gamemarket.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=2754

3~8人
10~20分
1000円

 鍋野さん、新版とか大分先の話だって言ってたやないですか……!
 ポッドキャストの収録の時、あんまそういうのは考えてない的なことを伺っていたんですが、この前大阪で話を聞いた時には大分状況が変わってきた的な話を聞いて、新版も考えてる的な話もありました。でも、結構先になるような云々的なアレもあったんですよねー。
 なのでこの切り替えは早い! と唸ったんですが、同時に一体鍋野さんの身に何があったのか…… 再販スケジュールは繰り上がりながらも新作発表は今回もなしと、ざわざわせずにはいられなくもあり。まあ、これまで犯人は踊るを買ってなかった人には朗報だと思います。
 追加カードは多人数プレイ時のバランス調整でしょうね。そしてブランクカード追加でぼくのかんがえたさいきょうの犯人は踊るがプレイできると。カードの動きにランダム要素が足りないと思うならこれで補強もアリですね。
 まあ、そんな高いものでもないので買い直してもいいとは思うんですが、多分当日はエラい人が殺到するとも思うので後からゆっくりでもいいかなと思っています。



シンデレラが多すぎる I20 大気圏内ゲームズ
 http://taikikennai.com/?page_id=317

2~4人
10分
1000円

 大気圏内ゲームズさんの第4作目。今回は前回のモテねば。からガラッと趣を変えた軽量ゲーム。
 大気圏内ゲームズさんのゲームは買う機会を狙ってはいたんですが、ストライクゾーンを逸れる球がなかなか多くて、これまで手を出せずじまいで終わってたので、今回は念願かなってという感じです。
 ぼく、投票ってシステム好きなんですよ。それもなんというか理不尽な票が投じられててざわざわっとするようなヤツ。まあ、このゲームの投票には根拠があるので、そこは論理的な形で収束するアレだと思うんですが、とりあえずゲームの形が想像できるのでいいかなと。
 予約も済ませているので、あとは想像以上の面白さかどうか、というところが焦点です。小品なので伸び代は少ないという見方もあるんですけどね。



トランプタウン E19 なまはむ
 http://blog.livedoor.jp/namahamu86/archives/cat_1211563.html

2~4人
60~90分
600円

 バッティング式ワーカーセレクトと銘打ったゲームですが、まあ、アクション選択にバッティング要素のある建築ゲーと捉えれば話が早いんじゃないかなと。
 基本的に重ゲーにバッティング要素ってのは食い合せなんですが、その辺はどうなんでしょうかね。ロココの仕立屋のデザイナーの人のEDOはその辺スタプレ優位にして論理的な解決を導けるようにしてたんですが、やり方次第では運ゲーにしかならないので、デザインの難度は高いと思います。が、まあ、そこはそんな値段の張るものでもないので試してみようかくらいの気持ちで。基本、建築ゲー好きですしね。
 予約しました。当日トランプ持ってかなきゃなあ。



gift. −干支物語− E24 ゲーミフィジャパン
 https://spike.cc/p/yvpTO9Y7

2~6人
1~6分
1500円

 「手軽に遊べて、盛り上がる!」「様々な戦略を駆使して勝ち抜く快感!」という一昔前のGM出展品でてんこ盛りだったキャッチフレーズが2014年初夏の今に帰ってきたという鮭の遡上的な感動とアイエエエ感重点で却ってゾクゾクしてくるという地雷処理班垂涎の逸品です。「簡単そうに見えて、実は奥が深い。(30代男性) 」といった感想が併記されている点も青年誌の裏表紙の裏あたりにある広告の商材っぽくてベネですね! その割にゲームの説明が薄すぎるんですがそれは……
 なんかここまで書くとネタなのかと思われるかもしれませんが、カードを見る限り、ワンチャンありそうな気がします。干支と言えば、この前の大阪ゲームマーケットではたなごころさんのえんかいが人気でしたし、干支テーマ。そしてミニマリズム。あるんじゃないか、と思わせる何かを否定できない自分がいます。
 ゲーミフィケーション&コミュニケーションゲームの組み合わせは地雷率うなぎ登りだと思いますが、少コンポーネントでシステム重点ならワンチャン…… ワンチャンあるんですかね……?
 まあ、通販あって送料無料なら当日買わんでもいいんじゃね? という気持ちになりつつあります(悟りを開いた目で)



理想の納豆 G13 万博
 http://gamemarket.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=2819

1800円

 キリスト新聞社製作バイブルハンター……
 日本フェンシング協会公認アンギャルド日本語版……
 今ボードゲーム業界は公認が熱い! ということで全国納豆協同組合連合会公認の納豆ゲームです。納豆キタコレ! これは熱すぎる!
 ……と思ったものの情報がなーい。で、作ったところの盤博をググってみると…… あ、これシャレオツ系イベントのところや(白目)
 明らかに売れ線を外したテーマ選択は自信の表れだとぼくは考えるんですが、この組み合わせはただの悪ノリの可能性を否定できない……!
 納豆は打率の高いテーマなので(ホントか?)、期待はあるんですけど地合が悪いのは否めません。デザイナー買いが基本的には正義な同人ボードゲームの世界では、これはかなりの博打です。でもしかし、そのワンチャンに男だったら賭けてみたい。そんな男の葛藤を体現したかのようなゲームです。
 まあ、続報待つ姿勢で。
スポンサーサイト
[ 2014年05月30日 21:26 ] ゲームマーケット | TB(0) | CM(0)

大阪ゲムマに行ってきましたよ

 大阪ゲムマ行ってきました。いやー楽しかった。けど、はしゃぎ過ぎて疲労感MAXです。この疲れが抜けるにはあと3日はかかるわい……(ヨレヨレ)
 スケジュール的にはニコニコでちょっとした生放送をした後に夜行バスで大阪入り。ボードゲーム研究室のカワサキさん主催の前日ゲーム会に参加して色々と遊びました。当日は8時20分頃から列に並んで5時頃まで滞在。その後夜行バスで帰宅。ちょっとした弾丸ツアーみたいですな。
 ってことで、前日ゲーム会の様子をちょびちょび。

・ででーんと広げられている西部警察ゲームw 名前の通り古いゲームではあるんだけど、ショットガンルーレットのデキがよくて笑うw
・チキンダイスゲームズさんのAge of Craftを遊ばせて貰う。「フフフ、拡大再生産ゲームは生産設備を最初に整えるのが王道よ!」と戦略を定めるも出目が全くいうことを聞かず、気づいてみれば野盗の跳梁する村に。どうしてこうなった。
P1000047.jpg

・20点終了のゲームでぼくだけ2点とか…… 悔しい!
・次のゲームをどうするかで牽制を続けている我々(ゲーム会によくある光景)を自卓に引き込んでサイコロ握らせる台湾勢の押しの強さw この積極性は凄いなー。
・あとまた、ルールが簡潔に纏まってるところも引き込みやすい要因なのだと思う。言葉は通じなくても日本語ルール読んでね、でなんとかなるというか。
・個人的に注目していたマニフェストディスティニーさんのシュレーディンガーの猫を遊ばせて貰う。3人で。クニツィアの革命万歳のような感じで、これはいい意味で予想通りの内容。
・最後に残った手札が得点になるトリックテイキング似のゲームなので場をいかに自分好みの形に作り上げるかが肝要。運要素少なめ。じわじわ楽しさが滲み出てくるタイプのゲームだね。
・自分的には高評価を伝えるも、中の人は「でも、売れないと思いますう」との弱気の発言。うーむ、中々大変だ……
・同じくマニフェストディスティニーさんのソロゲーム、不来方之宮を遊ばせて貰うもあっさりとバッドエンド。うーん、これは難しい……
・初見からコツが掴めるようなゲームではない感じ。ループ物のADVが元ネタなので、死に覚えゲーなんだろうね。
・アルハラシステムズのRXPと対面。ご挨拶。ニコマスPということもあり、お互い名前だけは知ってるという変な間柄w 行動力の豊かさから想像していたのと全く違って、とても物腰の柔らかなお方でした。
・死神セクトを横で見学。クニツィアの革命万歳のような感じで(本日2度目・指してる部分は別)、これはよくできているなーと感心。
・ちゃがちゃがゲームズさんのかたろーぐを覗いてたら参加することに。で、ジャンケンに勝ってしまって親に。「さあ、どの女性がお好みですか!?」 ファッ!?
・女性の趣味がおかしいと口々に責められるw なんだこれw
・一つデザインで気になった点。チット(石?)とカードのマークの向きが異なる場合、確認に若干手間取るかな。マークは点対称のデザインに統一したほうがいいのかも?
・juniasのじゅんさんに誘われて台湾のHomosapiens Labさんの狼の血を遊ばせて貰う。人狼系の正体隠匿ゲーム。
・2回プレイ。ルールをよくわかってない自分達がヘマをやらかして、なんとも締りの悪い結末に。うーん、これは悔しい!
・5人プレイだと8枚しかカードを使わないんだけど、その簡潔さで正体隠匿の形に仕上げているのが驚きでもあり、好みでもあり。いやはや、台湾ゲー恐るべし!
・デザイナーは陳さんという方。じゅんさん曰く「この人は天才ですよ」とのこと。ソロゲーが添付された遊べる名刺を貰う。わっはーい。
・TGiWの記事だと台湾ブースの写真の真ん中の人ですね。
・狼の血はバネストさんで扱ってるみたいです。http://banesto.shop6.makeshop.jp/shopdetail/000000004545/

 とまあ、前日ゲーム会はそんな感じでした。その後はまあ色々あったんですが省略。ニトーキンさんと同道してブロックスデュオやったりブループリントやったり。
 ブロックスデュオは3戦全勝でしたデュフフw ブループリントは負けたけどw

 で、明けてゲムマ当日。最寄りの駅についたところで同行していたニトーキンさんが「スマホ忘れた……」。えええええ!?
 慌てて戻って無事携帯を確保。いやー、よかったよかった。昨日の疲れが残ってたのか、ちょっと不穏な幕開けでした。

・8時20分ころ到着して待機列に。100人以上は並んでたのかなー。もーよくわからんw
・ジリPに一昼夜大阪の空気を馴染ませたMariaを手渡す。大箱担いで昨日は一日中歩いてたんだよ!
・「あのー、もしかして数寄語りの円卓Pですか?」と聞かれる。お相手はダルニさん。「数寄語りでノートルダムやりましょうよ!」って出演交渉するw ネタだと思われたかもしれませんけど、割とマジっすよw
・10時開場ー。自分がまず向かったのはトリックプレイ。TWIXTを反射的に買う。ロシアンレールロード5000円はよかったねー。38ユーロで買ってなければねー(白目)
・HJのブースに向かうも混雑ぶりが凄い。このプレッシャー、東京のボードゲームフリーマーケット以来だ……! スタッフの人の「押さないでください!」の声が響く。
・ツォルキン箱潰れが4400円とか超いいな。もう持ってるからいいけども。てか、人が壁になって見えない。
・これはアカンと判断して離脱。アグリコラ泥沼とか見えた(not箱つぶれ)。在庫あったんだなあ。
・中古ブースでリーネックのキューバ3000円とかムーンのサンマルコ5000円とか見る。もう一度回ってきたらなくなってたので、これは目利きがいるw
・マニフェストディスティニーさんのブースを通った後に異変を察知してUターン。卓上に置かれたシュレーディンガーの猫があと1つだけ……
・「すいません、これあと1つだけですか?」「あ、いや、まだあります」ダンボール箱の中から姿を現すシュレーディンガーの猫。在庫アリとナシが重ね合わさっていた猫は観測されて在庫アリに収束した。
・が、なんか不安を覚えたのでここで買ってしまう。「すみません、これ3つください」「え、3つ!?」
・自分用、TakP用、一発命中P用です。買い占めじゃないですから(震え声)
・TakPがネイションズの箱つぶれを7200円だかで買ってた。超羨ましい! 自分50ユーロで買ったのに!
・悔しいのでHJブースに舞い戻り、腹いせのようにブリュッセルを5200円だかで買う。いい買い物した……
・あっ、5本のきゅうり忘れてた! 慌ててバネストに向かうも売り切れ。Oh……
・ホントはパケットロウが欲しかったんだけど、TWIXT+ブリュッセルでお金を使いすぎてしまったので断念……
・3人バイブルハンターを横から見る。なんかすげー足の引っ張り合いw この感じはアレだな、「娘は誰にもやらん!」を彷彿とさせるw
・シュレーディンガーの猫を4人で遊ぶ。日頃ゲームを遊び慣れていない人にはインストが難しい捻りの多いゲームだけど、この面子ならさほど苦もない。
・4人プレイでの猫は展開早くて不確定要素多め。個人的には4人より3人好みかなー。
・ともあれ独自性は感じてもらえた模様。2戦目、猫死亡率100%越えで単独勝利したのは嬉しかった。
P1000054.jpg

・ニトーキンさん持ち込みのブループリントを4人で。上家のにトーキンさんと緑のダイスを奪い合う展開も、引きのアヤで勝利。4人のがダイスの奪い合いが激しくて面白いねw
P1000052.jpg

・シュレーディンガーの猫完売!
・開場数時間での出来事におののく我々w 早めに確保しといてよかった…… マニフェストディスティニーさんは他にも色々と完売してた模様。
・予約してたジジニャーゴを確保。早々に完売してたようですね。さもありなん。
・チキンダイスゲームズさんの「カツカレー食ってる場合か!」を遊ぶ。サラリーマンの平均年収は1000万。庶民感覚とは一体……
P1000056.jpg


・庶民感覚的には1000円だけど、その2倍の2倍の2倍の8000円までは許容範囲のハズだー! ……こうして完成するのが真の庶民感覚。
・あまりに異様な光景に「カツカレー食ってる場合か!」を買いに走る約2名。ボドゲは接触感染を地で行く展開w
・その後連れ立って昼食へ。ジリPが注文したカツカレーを全員でフォローしてカツカレー一色のテーブルが完成。なんだこのカツカレーテロ。
・ニトーキンさんとアークライトブースでチーキーモンキーを買い占めるも後から在庫が湧いてきたチーキーモンキー。くっ、サルつええ!
・あと箱でけえ! これは通販で買うべき案件だった! 手荷物で長野まで持ち帰りましたよ。
・テーベ3000円とかお買い得感ありましたね。アークライトブースは東京ゲムマで見るような中古個人ブース泣かせの破壊的在庫一掃セールはなかったものの、全体的に安売りでお得感ありました。
・自作ゲームのテストプレイを願い出て。色々と厳しい感想を頂く。TakPはホント容赦がねえな!w 面白いと言ってくれたジリPやアルモニカPが天使に見えるわ。
・まあ、クラッシュ&ビルドですね。このままじゃアカン。
・鍋野企画の鍋野ぺすさんにご挨拶。対面で名乗るのは初めてw 「犯人は踊る」の凄まじい売れ行きを伺ってマジビックリ。ぼくが思っていたのと一桁違うんですけお……
・「王様とマカロン」の製造時間を捻出するために作業量を抑えた「犯人は踊る」。ところが、注文量が多すぎて今度は「犯人は踊る」以外に手が回らなくなる逆転現象が起きてしまったそうな。大変だあ。
・そんなこともあって「新作出したい! アイディアはあるのに!」を強く繰り返していたのが印象深いです。
・新作も進行が遅れててゲムマ春は難しいというような話。残念ではあるけど、仕方ないですよなあ。
・とにかく製造工程を省力化したいなーという話をしていたので「ダンジョンオブマンダムみたいにオインクゲームズさんに頼むとかどうでっしゃろフヘヘ」とか吹き込む。まあ、自分の浅知恵以上に鍋野さんは色々考えてるでしょうけどw
・デザイナーがクリエイションに集中できるような環境が整うといいんですけどね。小規模出版の製造・流通工程の充実は課題の一つではないかと。
・鍋野さんは当日かなりテンション高かったというか、数寄語りの時が緊張してたのもあるかもしれないけど、販売の疲れも窺わせずにやる気ムンムンでした。
・というより、昨年末からの状況の変化が何かしら作用しているような気も。あの時は拡張やらの話は割と消極的だったように感じるんですけど、なんかね。いや、これは面白いことになりそうですよ。
・アルハラシステムズ、RXPさんにご挨拶。結構長いこと話し込む。
・オトーリバーズも売れ行き好調だそうで。在庫の半分が既に売れてしまったので、来場者数2倍以上の東京では足りなくなるかもという予測が濃厚。増産の予定はなく、今後は新作に取り掛かりたいとのこと。
・「新作はカードじゃなくてボードゲームがいいですねえ」 ボドゲktkr。
・お金絡みの話を数字も交えて図々しく聞く。すごくためになりました(小並感)
・バイブルハンター完売! 隣のブースが「聖書で遊ぶ」でした。
・TGiWおのさんと聖書を遊ぶの中の人の第一種接近。大阪ゲムマで仏教&キリスト教のコラボが実現! 絵面からして面白すぎたんですが、会話がボードゲームイベントのそれとは思えない内容で最高にハジけてましたw
・中の人はボードゲーム界隈についてはあまりご存知ない様子で「あの人(おのさん)はボードゲーム界隈で一番有名な人ですよ」とかRXPが吹き込んでましたw ぼくも「ぼくのボドゲ記事はRTされたらアクセス数が3倍に増えました!」とか付け足しましたけど、まあ、ウソは言ってませんYOw
・「クラウドファンディングの件でおのさんにインタビューされるかもしれませんよ!」とかRXPを煽っていたんだけど、おのさんはこっちのブースは華麗にスルーw RXPごめんなさいw
・まあ、でもクラウドファンディングについては色々ごにょごにょと。
・RXPのお言葉。「やるならキャンプファイア以外にしましょう」手数料的な話でね。20%はやっぱ重いと。
・ジリPに放課後さいころ倶楽部の中道先生を紹介して貰う。ボードゲーム数寄語りのファウナの件で謝り倒すw
・中道先生のサインが限定10冊という誤情報が広がって開場直後はキウイゲームズ周辺が凄かったらしい。あなや!
・解散後はぶるすPに案内してもらって、サイゼリヤでジリPとアルモニカPとだらだら。

 とまあ、そんな感じでー。色々あって楽しかったんですが、いやはや疲れました。今年は都合が合ったんで参加できた大阪ゲムマですが、来年もできたらぜひ参加したいです。

 あ、最後に戦利品をば。数は5つと少ないんですが専有面積が半端ないです…… 重量で言うと自分の中ではゲムマ最高記録更新ではないかと……
P1000060.jpg
[ 2014年03月10日 21:27 ] ゲームマーケット | TB(0) | CM(0)

大阪ゲームマーケットの見所について

 来る3月9日日曜日、大阪マーチャンダイズマートにて開催されるゲームマーケット大阪に行ってきますです。
 ホントは同内容はポッドキャストで配信しようと思っていたんですが、ゲストなしで収録した音声を自分で聞き直してみたらこれが大層テンション低くてアカンやつでした。自分は既に遊んだ楽しさについては嬉々として語れるものの、これから起こるであろう未知の楽しさについてはどうにも歯切れの悪いことしか言えないのですね。6人地獄の釜で80とか平然と賭けるような保守的なポッドキャストが果たして面白いのかって話ですが、まあ、はい。
 ということで、独り立ちするには経験値から何から足りないと自覚を新たにしたので、改めて文章として書き出す次第です。セルフテープ起こしとでも言いますか。我々の業界ではこれを二度手間と呼びます。

 さて、大阪のゲームマーケットを睨む前に、まずは直近のゲームマーケットからここ最近のボードゲーム界隈の流れというか小規模出版のポイントをおさらいしたいと思います。
 2013年春秋2回の東京ゲムマを振り返ってみますと、春ゲムマはラブレターの成功を背景に500円ゲームがその存在感を際立たせたイベントと言えました。「セイルトゥインディア」「パトロナイズ」「ダンジョンオブマンダム初版」「ドンブリコ」自分が買ったものを挙げると「ダンジョンオーダー」とか、まあ、500円ゲーム花盛りでしたね。あと「ロストレガシー」の初お目見えもここでした。総合して軽ゲーがとにかく当たりまくったイベントだったと思います。

 さて、続く秋ゲムマも流行りの言葉で言えばミニマリズムといいますか、軽薄短小なゲームがシーンを席巻する流れが続くかと思ったんですが、実のところ一番話題を掻っ攫ったのは「モテねば。」ではなかったかと思うのです。これはまあ、自分の観測範囲内ではそう見えた、という話ですけども。
 そして評判が良かったと言えば、「Gem c'Rocks」。高天原さんは同類の重さのゲームをしばし出し続けているんですが、今回は特に出色の出来栄えだったようです。伝聞系なのはひとえに未プレイなせいですw
 その他、「ヘイムスクリングラ」「ギルドスタック」「アムステルダムの運河」「開拓王」と30分~60分の中量級ゲームの話題作が目立ったのもこの秋ゲムマの特徴ではなかったかと思います。もちろん、軽量級のゲームでも「犯人は踊る」や「シェフィ」と言った力作の存在感が強かったのですが、ミニマリズムが我が世の春を謳歌した2013春の流れからすると2013秋の布陣は随分とバラエティに富んだ構成になったのではないかと思います。

 総量から言えば中量級ゲームは軽量級ゲームの海に浮かぶ群島のようなものではありましたが、こと存在感や完成度では軽量級ゲームに引けを取らなかったのではないか……というのが、今回自分が強調したいところです。まあ、そういうアングルに持って行きたい強引さがチラッチラッどころではなくダダ漏れなワケですが、これもひとえに「中量級重量級ゲーム増えろー打率上がれー」と願うギーク的信仰心の発露でございまして、現実から目を逸らす歴史修正主義者の戯言ではないといいなと思います(ガンギマリの目で)

 そして、その流れは大阪ゲムマにも受け継がれているのではないか、と続きまして、この表題であるところの大阪ゲムマにやっとこ触れることができる次第です。そもそも大阪ゲムマと東京ゲムマにどれだけの関連性があるのかと問われるとそこはまあアレなんですけども。

 http://bakafire.main.jp/aristo/

 で、この流れで挙げる注目作ですが、まずはBakaFire PartyさんのAristo-Maze。4000円。
 冒険者パーティを結成してダンジョンに挑むという内容ですが、プレイヤーの立ち位置は冒険者そのものではなく彼らを雇ってダンジョンに送り出す貴族というのが特徴的です。詳しいルールとか公開されてないので細かいところはよくわからないんですが、プレイヤーの仕事はパーティの構築と情報収集で、一度冒険者をダンジョンに送り出してしまったらあとは割と自動的に処理が進むようです。
 ダンジョンゲーって電源ゲーの影響が強い物が多いというか、電源ゲーの面白さをなんとか非電源ゲーに落とし込めないかと試行錯誤するタイプが多いように思いますし、このゲームもそういう向きが窺えます。ネタ元はこれまではローグライクがメインだったんですけど、このゲームは放置型のRPGから拾ってきてるのがまあ、目新しいのかなと。
 同じようなアレで言えば、遊星からのフリーキックさんのオートマチックフロンティアとかありましたけども。あっちはロボットでパーツのカスタマイズに自由度があったのに対して、こっちはパーティの組み方に自由度があると。そんな感じなんでしょうかね。
 マーカー148枚って色んな意味で大丈夫かな…… と思うところもあり。どれだけ処理が簡便化されているか(手作業が少ないか)が分水嶺かなと考えます。

 http://cd.kyovo.org/spiele/age-of-craft.html

 次はChicken Dice GamesさんのAge of Craft~大建築時代~ですね。3000円。
 ルールが公開されているので読んでみたんですが、概ねカタン+街コロ+王への請願的な感じのゲームですね。ダイスの出目がカタンの資源に相当していて(なので1~6の6種類)、街コロ的に用意されたサプライから建物を建設する感じ。建物を作ると王への請願的に拡大再生産があると。さいころの交渉もアルヨ。
 このゲーム、4人でプレイする場合、ダイスを3つ振って親から1個ずつ十二季節の魔法使い的にダイスをピックしていくんですが、その関係で後手ちょい不利目な雰囲気。でも、交渉ゲー+ダイスゲーに後手不利とか言うのもナンセンス極まりないですよね。まあ、この段は十二季節って言いたかっただけです。
 基本的なルールは公開されているもののカードリストがないので戦略の幅とかリプレイ性とかその辺はよーわかりませぬ。まあ、この前の開拓王みたいな感じで割と遊ぶ前から触感が想像できるタイプのゲームではないかなと思います。

 http://blog.goo.ne.jp/imaginegames/e/e6a3fe354f47379c761e01b3cec613e9

 imagine GAMESさんのジジニャーゴ。3800円。コンポーネント多めということもあってなかなか強気の価格設定ですね。
 どうでもいい話ですけども、今回のゲムマ、大阪という土地柄がそうさせるのか「○○したら値引きします!」的な文言をやたら目にするような気がします。これがちょっと行き過ぎちゃうと売り手も買い手も困ったことになっちゃうんじゃないかなーなんて危惧したりも。そういう意味で色々な価格帯のゲームがそれぞれ適切に評価を得て出回るようになるといいなーと思います。
 で、ゲーム自体に話を戻しますと、このゲームはワーカープレイスメントのロイヤルターフ。なるほど。ロイヤルターフは競馬ゲームの名作で自分も大好きなゲームです。クニツィア博士のゲームの中でも珍しくテーマ性とゲーム性が一致しているタイトルの一つで競馬の特徴をものの見事にボードゲームに落としこんでいます。個人的リメイクして欲しいゲームタイトルの筆頭でもありますね。
 さてま、ロイヤルターフ数寄語りを始めると終わらなくなってしまうのでその辺は適当に切り上げますが、今回唯一自分が予約したのがこのタイトルです。つまり、今の自分はパドックで入念に下見した上で単勝馬券を握りしめて観客席最前列にかぶりつきな状態と言えます。競馬用語でいうところのイレコミが激しい状態なですけどもね、実際どうなりますかね。
 シープレースは自分も遊んだことがあるんですけど、ものすごい足の引っ張り合いが激しいゲームで、うん、ちょっとまたロイヤルターフとは毛色違うゲームでしたね。あのゲームから取ったヒントは多分勝ち抜き戦のところとシープレースの羊であるところの猫(つまり馬)(なんだこの表記)の出目の使い方とか多分そういうところではないかと。つまりこう↓

1737ef0a.png
 自分で作っておいて意味わからんw

 ロイヤルターフは完成度の高いタイトルなので、そこに何かを加えるのは実のところ蛇足が先立つのではないかという危惧もあるのですが、そこはデザイナーのセンスを信じて上手いこと調整されてると思いたいですね。これはルール公開されてないので、そうだといいなーって話ですけどもw
 ところでimagine GAMESさんはこれまでにも2作ゲームを出していたんですが、それらは自分的にはテーマやシステムが好みではないってことで敬遠してたんですよね。が、今回はテーマもシステムも割と自分好みの方向性なのでかなりキテます。
 一方でimagine GAMESさんの最初のタイトルであるところのポストマンレースなんかはあひるホイッPがえらく気に入ってたタイトルでもあります。あひるさんがホイホイされた処女作 → ノウハウが溜まってきた3作目、という流れは鍋野企画さんの王様のマカロン → 犯人は踊るのパターンと同じなので、ひょっとしたらこれはヒットの法則かもしれぬ、とか勝手に思っています。

 http://ash.jp/~md/html/game/doa-cat.htm

 ManifestDestinyさんのシュレーディンガーの猫。500円。
 ここまで中量級中量級言い続けてきましたがいきなり方向転換してのこれです。箱のなかの猫は生きているのか死んでいるのか、的な。プレイヤーが生きてると思えば生きてる確率に収束するし、死んでると思えば死んでる確率に収束するような、そんな感じのゲームです。
 一言では説明しづらいんですけど、既存のゲームで言えば、クニツィアの革命万歳に似てるように思います。軽いゲームにも関わらず随所に捻りが入ってて唸るというか。直感的ではないんだけどユニークさに溢れててらしいゲームだなーと思います。
 マニフェストさんはルールに独特の用語が多くてわかりづらいという意見が多かったんですけども、このタイトルはルールスッキリしていてわかりやすいです。今回のマニフェストさんは打率高いんじゃないですかね?

 とまあ、そんなところで、時間切れにてここまでー。
[ 2014年03月07日 22:00 ] ゲームマーケット | TB(0) | CM(0)

東京ボードゲームフリーマーケット、公開中古ゲームリストのリスト

 7/28追加。もう今日じゃないかw

 東京ボードゲームフリーマーケットに出展するブースのうち、中古ゲームを取り扱っているところの公開ゲームリスト。主に出先で自分が調べる用。こんだけ見ると少なくも感じるけど、非公開のブースも多いんでなんとも言えんす。
 少数とはいえ纏まった数のある同人ボードゲームやらに比べると中古ゲームはマジで一品物なので、事前の公開には慎重になるんだと思う。あと、単純にリスト作るのが面倒ってところも多そうw
 まあ、あとは現場行ってのお楽しみですわねー。

4. Caviar

7. しばくり
 ボードゲーム
 ゲームブック

13. ツクルカ

17. メサイア・ワークス

18. 元祖○一堂

E. junkland2

L. カジタブリッジ
 たる田家
[ 2013年07月26日 22:30 ] ゲームマーケット | TB(0) | CM(0)

ゲームマーケット2013春に行ってきたよ

HNI_0064.jpg
 もう少しマシな写真は撮れんかったのかと……

 行って来ました、ゲームマーケット。ゆりかもめの始発に乗って国際展示場へ。ビッグサイトは既に結構な人出でギョッとしたけども、大部分がComic1やらヴァンガードやらの参加者らしくて一安心。ゲムマ参加者は年々右肩上がりとは言え、人口比では他のイベントとは比べ物にならないほどささやかなもんですなあ。あ、こっちの列はヴァンガ祭りの当日券販売列と同じくらいでしたw 当日券てw
 学生メインの向こうと比べると構成年齢にも大分開きがあるというか。文化の存続を考えると若い参加者が多いってのは素直に羨ましいですわ。3DSのすれ違い通信でもヴァンガードプレイヤーが多かったしなあ。
 自分が着いた頃には20人ほどの先着者が。うーん、去年の秋ゲムマよりもちょいと集まりが早くなってるなあ。

 その後8時ごろ?に会場内に移動。スタッフ不足から来る脇の甘さ(エスカレーター付近の誘導など)に同行のTakPはお冠のようではあったけども、幸いにも目立った事故はなく。つーてもヒヤリハットなんて言葉もありますし、次回は改善を願いたいものですな。
 そこから待つこと2時間弱。うーーーん、狭い。トイレに行くために列を離れるのも難しく、もうちょい余裕を持たせることはできなかったのかなーとか。
 そして予定より若干早い9時50分、唐突に開場のお知らせ。うは、もう始まるのかw カタログを取り出して最後のチェックを……と思っていたところだったので不意を突かれた形に。慌てて赤ペンをポケットに放り込んで動き出した人波に続く。

 自分の最近の狙いはもっぱら中古品。欲しい同人ゲーは流通がしっかりしている or 予約済みなのでまずは安心。ヤフオクなんかじゃ賄えないレアな一品を手に入れるのにゲムマは絶好の機会。目指すはハンター! 今日のオレは中古ハンターとして覚醒する!
 中古ブースは同人ブースと比べて事前情報が乏しく、その日の出し物がわからないので、優先順位づけは実に難しい。事前にリストが公開されると今度は不毛な予約合戦に発展しちゃったりするので、そこは仕方のないところなんだけど。
 前回は粒を揃えて参加者を魅了した中古ブースが今回も同じパフォーマンスを発揮するかと言えば、前回の放出で力尽きている展開もありえる。いわゆる「鉄板」が存在しないのが中古ブースの危うさでもあり、楽しさでもある。それだけに掘り出し物を見つけた時の高揚感は半端じゃない。限定10個だ50個だの同人ブースも結構なレア揃いだけど、こっちは限定1個みたいなもんだからねw


 まずは初手床売りバザール。前回のバザールは人が多すぎて後ろから押されたりと危ない思いもしたので早めに見て回りたかったのよね。
 ……という計画だったんだけど、道すがら中古ブースでパウワウが目に入り、足が止まるw 2500円かー。もう一声欲しいな。後でまた来ようw
 寄り道を終えてバザールに到着。祈り、働けやルアーブルが安価で出品されていたものの(3500円だったかな?)、ほうほうと頷きながら通り過ぎるw
 プレイスペース柏木のブースではフリードマン・フリーゼの暗黒の大広間を手にとって悩んでいる人がいた。ちょっと欲しかったので、戻してくれないかなーと念を送ったものの届かずw ハンザ2000円もいい品物。持ってるから買わなかったけどw

 続いて各種中古ブースを見て回る。パッケージの怪しさで有名なディヴィナーレが1500円とお手頃だったので購入。メンバーズオンリーにドラフトを足したようなゲームよ。他のブースでは2000円で売っているところも見かけたので、いい買い物だったんじゃないかなあ。
 その次はゴアやベガスで知られるリューディガー・ドーンのワーカープレイスメント、ダイヤモンドクラブを発見。2000円で購入。このゲームはヤフオクなんかにも殆ど出てこないので割と反射的に購入決定。実は名前を知ってるだけで内容はよく知らなかったんだけど、あとでちきさんに羨ましがられたのでいいゲームなんだろう。多分w
 さて、このダイヤモンドクラブ。でっかい箱にぎっしりとコンポーネントが詰まってて実に重い。ご丁寧にタイルの抜かれたパンチングシートも入ってるしw 紙袋がなかったので、ここからしばらく宅配ピザ屋のようなスタイルで場内を歩き回ることになったw

 次はソンタナゲームズに。前回までの経験から自分が欲しがるようなゲームはないだろうなとは思っていたものの、ツイッターで相乗り出品者を募っていたので意外性への期待はあった。
 予想以上にどっさりと積まれたゲーム群の中からインカの黄金を取り出して購入。1500円はぼちぼち。ここは割と値付けがシビアw というか適正に近い。他のブースと違って売れなくてもそれはそれで、くらいの感覚なんじゃないかな、多分。
 アグリコラ世界選手権デッキもちょいと欲しかったものの、市価と同額だったので、まあ、いいかなとスルー。生産量少ないんで抑えといた方がよかったかもだけどw
 後でもう1回来たときにはフロカティサーカスを1000円で買う。つか、よく考えてみたら、これ再版するんだよね。買う必要なかった疑惑w

 書泉グランデ。毎回覗くけど基本的には買わないw 公開和訳のあるゲームなら考えるかな、くらいの気持ち。
 1960大統領になる方法が格安で売ってたけど、2人用ゲームなのでパッスー。あとで一発Pが買ってたw
 あとでもう1巡した際には外人さん(がいじんPじゃなくてリアル外人さんw)が、サンダーストーンを買ってる場面に遭遇。それは本国で買ったほうが安いんじゃないか?w しかし、外人さんが利用する分には言語の問題もないし書泉はオトクだよなー。ちょっとずっこいw
 書泉ではゲームを買った人に「2Dを振って1ゾロが出たら商品無料!」ってサービスをやってたようで、外人さんも渡されたダイスを振る。まあ、1ゾロなんか出ないんだけど、外人さんはイェーイ!って歓声を上げてゾロ目が出たかのように振舞ってたw いやいやいやいやw

 次の中古ブースではとある絶版ゲームに目が釘付けに。おおおおお、ビッグシティーじゃないですか、これ。
 6500円は悪くない…… いや、送料やら考えれば破格とすら言える。バネストさんの新作のタイル積み重ね町建設ゲー、サンライズシティの話題から「GCCWさんが出店してたら9000円くらいでビッグシティー出るかもねー」なんて話をしていたこともあり、気づいたら箱を掴んでた。
 悩むのは掴んでから。これ中古買いの鉄則。バーゲンのおばちゃんから我々は学ばなければならない。
 しかし、6500円は結構な額。高い評判も立派なコンポーネントで積み増しされているような気もして、なかなか決心がつかない。いや、しかし、これはデロンシュの代表作の一つ。同じデロンシュのコンテナが噂に違わぬ面白さだったことを思えば、このゲームもきっと肌に合う……はず!
 ……ということでビッグシティーお買い上げー。買ってしまった。買ってしまったよママン。この手のレアゲーとか自分とは一生縁のないゲームだと思ってたのになー。王と枢機卿とかコンテナとかさ。
 ビッグシティーは一時期コンテナと併せて再版の噂が立っていたんだけど、なんか権利持ちのヴァレーゲームズの状況が思わしくないとかなんとかで、その後の再版話を聞かなくなっていたんだよねー。でもまあ、自分が入手したってことは、これは再版来て泣くフラグだね、きっとw
 ところで買った時には気づかなかったんだけど、あとできちんとコンポーネントを確認したらカードの封が切られてなかった。うひょー、未使用品だったのかこれ。
 同時に和訳ルールが入ってないことにも気づいた。ルールはドイツ語版オンリーw これ、気づいてたら怖気づいたやもしれぬw 探したら公開和訳があったからよかったけど。


 とまあ、そんなところで中古ブースは一通り巡回終了。フリースペースに移動して蒼猫の巣の面々に挨拶して荷物を置かせて貰う。
 ……と、ここで妙な違和感に気づく。手持ちがインカの黄金とダイヤモンドクラブとビッグシティーと…… あれ、ディヴィナーレどこだ?
 記憶を辿る。ビッグシティーを買ったブースで大きな紙袋を頂いて、なんとかピザ屋のバイトを卒業した自分。しかし、それまでは手持ちのゲームを脇に置いてそれから中古品を物色していたのだ。
 つまり、どっかのブースにディヴィナーレを置き忘れた可能性が高い……! いや、それだけならまだいい。もし、お客さんが勘違いして買っちゃったりしてたら……!

 「すいませーん、ディヴィナーレ欲しいんですけど」
 「え、うちにそんなのあったかな……?」
 「斎藤さん(仮名)の放出品じゃないの?」
 「リストからも漏れてるしなー。……それじゃ500円で」

 ダメだあああああ! 斎藤さん(仮名)はディヴィナーレをそんな粗末にする人じゃない!
 会場内を競歩する自分。なんか動きが財布を落とした人のそれですw

 運良くモノ自体はビッグシティーのブースで見つかりました。よかったあああああ。
 ただ、普通に置き引きされる危険性はあったし、荷物には注意しないといけないね。15分前にお金出して買ったものを置き忘れるってのは相当だけどw よっぽど舞い上がってたみたいだな自分w

 あと、中古関連で気づいた点と言えば、ケイブとイル・ベッキオの出品率が高いw イル・ベッキオは未プレイなのでわからないけど、ケイブはコレジャナイ感を覚えた人が多かったのかなと、なんとなく。
 R&Rステーションでは、ファクトリーマネージャーの新品を1000円で放出してたんだけど、アレは中古でファクトリーマネージャーを持ち込んだ人へのテロ行為にしか見えんかったw 2つは見たからね、中古のファクトリーマネージャー。
 ホテルサモア1000円は惹かれたんだけどなー。ビッグシティーで予想以上にお金使っちゃったからね……

 その後は同人ブースを回ってみたものの、やはりビッグシティーショックが抜けず、買ったのは予約を頼んだダンジョンオーダーとセイルトゥインディアのみ。セイルトゥインディアは開場後すぐに売り切れちゃったらしくて、うーむ、やっぱり予約は正解だったなと。
 歩き回ってる際にはいつ来ても長蛇の列が続いてるカナイ製作所さんのブースと、どうながねこぞくのブースが目立った印象。カナイさんはわかるけど、どうながはなぜ……? と思ったら一人で切り盛りしてたらしい。うへー、売り手も買い手も大変だ。
 あー、そうだ。ダンジョンオブマンダム買えなかったよ…… このところの同人ゲームのトレンドでもある徹底した事前告知やゲーム紹介とはまったく逆のやり方でサプライズを演出してみせたのは見事な手腕、と膝を打ったけども、買い逃しがホント悔しいのでそういうのはもう勘弁してくださいw
 遊んだゲームについてはまたの機会にー。


購入した同人ゲーム
・ダンジョンオーダー
・セイルトゥインディア

購入した商業ゲーム
・ディヴィナーレ
・ダイヤモンドクラブ
・インカの黄金
・ビッグシティー
・フロカティサーカス

HNI_0094_20130430215756.jpg

 ダイヤモンドクラブの箱絵にいるのは若かりし日のデヴィ夫人……ではない。
 あ、フロカティサーカスを入れるの忘れてたw
[ 2013年04月30日 22:11 ] ゲームマーケット | TB(0) | CM(2)
プロフィール

円卓P

Author:円卓P
ニコニコ動画でボードゲーム動画作ってます

Twitter...